横浜にある霊園全体のだいたいの特徴やおおまかな傾向など

首都圏の他エリア同様、横浜においても慢性的な墓地不足が続いています。公営霊園では、少ない募集枠に応募が殺到する状態が恒常化していることで、ここ数年、新たな民営霊園もいくつか開園しています。さらなる新設も期待されていますが、住宅地に近いエリアでは周辺住民の理解が得られにくく、計画が進めにくい状態となっています。新しい墓地は望まれているものの、自宅の近くには出来て欲しくないというジレンマを抱えています。従来の墓石が並ぶ墓地の新設が難しくなってきていることで、墓所区画の購入価格も高騰、そういった個別の墓所を設けるより、合祀スタイルの永代供養墓や樹木葬区画への埋葬あるいは散骨を望む傾向も強まっています。都市部では、主要駅の徒歩圏内など便利な場所に、室内墓地、屋内墓苑とも呼ばれる都市型納骨堂の新設も目立って来ています。

現代感覚に合う、便利さが魅力の都市型納骨堂

横浜を含め首都圏の都市部では、現代のライフスタイルにマッチするニュースタイルの都市型納骨堂の新設が進み、人気を博しています。駅前納骨堂という異名もあるほど、駅から徒歩数分のところにスタイリッシュなビルとして建てられ、専用のICカードやタッチパネル操作などで納骨室を参拝スペースに呼び出し、個別にお参りできるようになっています。墓所の除草や掃除の負担もなく、季節や天候を問わずお参り可能で、何より抜群のアクセスの良さから、多忙な現役世代や、遠方への墓参が困難になった高齢者にも重宝されています。このタイプの納骨堂は、従来からある霊園施設内にも新設されるようになっています。新規の墓地区画を拡張しにくい昨今、横浜では、郊外で人気の樹木葬区画と共に人気を高めています。

緑豊かな景観を生かした樹木葬エリア

都市部周辺においても、自然美あふれる丘陵地や広々とした海の景観に恵まれている横浜一帯では、その緑の景観を生かして、樹木葬区画の新設が進んでいます。さらに、墓所区画のほか、芝生が整備された広場や散策路が設けられ、市民の憩いの場にもなる墓苑の計画が進んでいるエリアもあります。もともと、雄大な海の風景や、富士山の眺望が素晴らしいことで人気の霊園が点在していたことも、景観にこだわった新たな形式の埋葬地が受け入れられやすい傾向にあったと言えます。郊外においては、自然の風景を生かした樹木葬区画を拡張あるいは新設し、広い敷地を生かしてバリアフリー化を進め、都市部では、スタイリッシュな雰囲気の便利な都市型納骨堂を新設するという傾向は、今後も続いていくと考えられます。

お墓に関する知識は豊富です。霊園に関して丁寧にわかりやすくご説明します。 霊園選びでお困りなら何でもご相談ください。 東京近郊の霊園の中から、お客様に合った所をご紹介します。霊園選びのプロにおまかせください。 当社の強みは、お客様の希望に合わせ静かで安らぎの時を過ごす事の出来る空間探しのお手伝いをさせて頂いている事です。 被災地墓石義援金キャンペーンを実施しております。 横浜の霊園ならこちらまでご相談を