気になる横浜の霊園の費用の相場の知識

霊園は大きく分けて公営墓地と民営墓地と寺院の墓地の3種類があり、公営と民営は墓地の広さや交通アクセスの良し悪しなどで費用の相場が変わってきます。民営墓地は、同じ霊園内でも方角や日当りなどによって年間管理料が10,000円以上違う場合があり、購入前によく検討しなければなりません。霊園は不動産のように土地を購入するわけではなく、墓地の使用料として永代使用料を払って権利を購入し、毎年維持管理料を支払っていきます。公営墓地は当選が難しいですが維持費が安価、民営墓地は経営面で永続性に不安があるもののサービスが行き届いていて便利、寺院の墓地はお布施料など維持費が高額ですが僧侶の手厚い供養が受けられて安心という、それぞれ費用に比例したメリットとデメリットがあります。

横浜の自治体による公営墓地の費用の相場

横浜の公営墓地の費用相場は、永代使用料が20万円から45万円、年間管理料は4千円から1万円です。自治体が運営しているため費用は安価ですが納骨や埋葬、法要や法事は遺族が各自で葬儀業者などに依頼しなければならないので、別途費用がかかります。墓参りの際の手桶や、ロウソクなども自分達で手配しなければなりません。新規の墓地は敷地が増えた分と、墓の使用者から使用権が自治体へ返された返還墓地を整備して新しく利用する分のため、年度によっては新規の墓地の募集が非常に少ない年もあり、区によっては毎年激戦になります。年1回の墓地の募集に対し、3倍から5倍の応募があり当選しにくい面もありますが、交通アクセスや日当りが良く、花や樹の美しい霊園が多く公営墓地は人気です。

横浜の民営墓地や寺院墓地の費用の相場

横浜の民営墓地の費用の相場は、永代使用料が80万円から180万円、年間管理料は5千円から4万円です。公営墓地より料金は高めですが、僧侶の手配を含む納骨や戒名、埋葬や法要の手配を代行してもらえるため、回忌供養などの不慣れな手続きをする必要がありません。寺院の墓地より安価で、公営墓地のように年1回の募集を待つこと無くいつでも墓地を取得できます。寺院が管理する墓地はまず檀家にならなければならず、会費として年間1万円前後必要です。更にお布施、盂蘭盆会や施餓鬼会などの行事参加費もかかり、3種類の墓地の中では維持費が一番高額になります。その分、自宅に読経に訪問してくれたり葬儀や法事を丁寧にしてもらえるなど、檀家として手厚く供養してもらえるのがメリットです。