良い霊園を横浜で選ぶためにチェックしたい重要ポイント

横浜は首都東京にも近く、多くの企業や官公庁のビルのほか、各種のアミューズメント施設や住宅街があつまる一大都市です。ここに住んでいる人、働いている人が多いということは、当然ながら、亡くなった場合にお墓を建てるといった需要も多いということと一体であるといえます。ただし、これほどまでに土地利用が過密化している地域では、実はよいお墓を建てたいと思っていても、なかなかそれに見合うだけの適当な土地が見つからないということもあり、もしも見つかったとしても、すでに利用者でいっぱいになっているということも珍しくはありません。そこで、この地域でお墓を建てるための霊園を探し求める場合には、いくつかのポイントに注意をした上で、効率的な探し方をすることに心がけるべきです。

立地や予算の検討を十分に行うこと

横浜の霊園とはいっても、実にさまざまなところがありますので、まずは立地環境から確認をすべきものです。墓参りをする利便性という観点からは、できるだけ駅に近いなど交通の便が良いところが理想であり、将来高齢になったときに備えて、バリアフリーなどにも配慮しているところを選ぶのがよいといえます。これも都心に近ければそれでよいということではなく、亡くなった人を偲ぶのにふさわしい静穏な場所であることも同時に必要となります。また、立地がいくら良いとしても、それが予算をオーバーしてしまっては意味がないものです。その際、永代使用料だけではなく、毎年の管理費、墓石の費用などを含めて、トータルとしてかかりそうな金額をあらかじめシミュレーションしておくことが求められます。

宗派による制約などはチェックしておく

横浜にある霊園のなかには、特定の条件に合わなければ申し込みがではなかったり、申し込みそのものはできたとしても、最終的な契約には至らないようなものもあります。これは募集要項などをしっかりと事前にチェックするとともに、いざという時に備えて、複数の候補地をストックしておくことが重要となってきます。たとえば、市営墓地のように人気のあるところでは、年単位の募集で抽選に当たった人以外は契約できないという制約がある場合があります。また、宗教法人が運営するようなところであれば、特定の宗派に限って申し込みを認めており、他の宗派の人は受け付けていなということがあり得ます。この場合は、立地が良くてもあきらめて宗派不問をうたっているところを探したほうが有利ということになります。